最終処分場候補地 選定見直しへ

1月21日 井上環境副大臣に、矢板市民の白紙撤回に対する思いを申し上げ、処分場選定のあり方について、民主党政権時代の選定がいかに唐突であり、矢板市、市民の考えをまったく無視した決定であり、このまま決定すれば、憲法にある「国民主権」「基本的人権の尊重」に反し、又憲法92条にある自治体の裁量権、住民自治をも無視したことになる等、責任政党として、このような無茶苦茶な選定のやり方は見直していただき、具体的に選定から決定まで地域が理解できる方法で、この作業はすすめていただきたいと申し上げました。
副大臣から「あまりにも選定にあたっての内容が不十分であったと考えられる。また唐突であった。さまざまな点を検証し、見直していきたい。」とお話をいただいておりました。
本日報道機関でも見直しについては紹介されました。
来週早々正式に栃木県、矢板市に対し候補地となっている2市も含めて選定をやり直し、再調整すること。また新たな選定方法などについて説明するこことなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

トヨちゃん
2013年02月23日 21:07
1月21日に環境省に訪問した結果です。是非、事務所前に訪問時の写真とブログ内容を掲示してください。

この記事へのトラックバック